転職の際に条件を重視したい場合は?

看護師転職 → 条件重視の看護師転職

条件重視の看護師転職

比較的転職しやすい看護師。転職の際に求める条件には、給料や休暇にこだわる方も少なくありません。給料では、基本給やボーナス、昇給があるかどうか、という点に注目しています。医療機関の多くは、これらの条件を最低ラインでも整えているようですから、いかに条件が良いところを選ぶかが転職の決め手になるようです。
看護師の転職理由とは?

また、看護師の仕事では、夜勤が含まれるところも多いので、夜勤手当がしっかりしているところも重要なポイントになります。他には通勤手当や残業手当も必要な項目ですし、場所によっては住宅手当が高いとこともあります。養育手当を用意しているところもあります。これら諸手当が充分に整っている場合、生活も楽になりますから逃せないポイントと言えるでしょう。

そして、看護師で気になる条件に、休暇がどのくらい取れるのか、という点が挙げられます。一般のサラリーマンでいうと、週休2日制が当たり前になっている職場も多いですが、看護師の場合は、休暇をとる体制に違いがあります。

看護師の休暇には、「4週8日」という表現があります。週休2日は一週間に2日休みがあるということになりますが、4週8日は、4週間内に休みを8日間とるという勤務体制です。ですから、10日間ぶっ通しで働いた後に数日間休みを取得するということもあります。

一週間に必ず休みを取れなくても、一ヶ月内にキチンと休みが取れるなら充分だと考える方は4週8日の勤務体制でも問題ないかもしれませんが、週に2日休みが必要だと考える方は週休2日制の職場への転職を考えているようです。

休暇は他にも、夏期休暇、年末年始休暇、有給休暇等々あります。これらを含めた休暇が充実しているところは働く上で非常に魅力的です。

転職する際の条件は、以上のような休暇や給料面を重視することも大切ですが、教育体制などがしっかりしているかという点も忘れないようにチェックすることも大切です。特に、スキルアップ志向の強い転職の際には、教育体制の充実度は見逃せないでしょう。転職して失敗したと後悔することのないように、どの条件を重視した転職がしたいのか自問自答することも大切です。

准看護士の求人事情

現在日本は就職しにくい時代と言われており、中々仕事に就けないという方もいます。准看護師の仕事はどうなのかと言うと、実は就職しやすい状況なのです。

日本全体で見れば求人には偏りがあります。看護業界はむしろ人手不足で困っている職場も多く、ぜひきて欲しいという職場も多くあり、転職サイトには看護師専門の転職サービスもあるほどです。看護師業界は売り手市場の傾向があります。なぜここまで人手不足なのかと言うと、三つの理由があります。

まず一つ目は看護師という仕事の特性です。看護師や准看護師は女性の方が多く活躍されている職場です。そのため、結婚や家庭との両立、育児などで仕事を途中で辞めてしまうという方がとても多いのです。人の入れ替わりが早いのが看護業界の特徴です。

そのため、できるだけ早く代わりになる方が欲しいという職場は多く、若い准看護師の方は今後も長く働いて貰える事が期待できるため、歓迎される事も多いです。

また仕事が大変という事も挙げられます。准看護師、看護師の仕事は病院で勤務する事が多いですが、内容はハードになりがちです。病院は患者さんの容体が急に悪化すればその対応に追われますし、大きな病院になればそういった患者さんも増えます。

夜勤もあり、不規則な生活で体力も使うため、辞めていってしまう方も比較的多いです。ただし、自分もそうならないように転職の際には事前の確認をしっかりする必要があります。

また、日本の最近の状況も関係しています。日本は現在高齢化社会で、今後もその流れは加速していくと考えられています。高齢者の方が今後さらに増えていけば、その方達をケアする准看護師の方ももっと必要になります。それに合わせて介護業界や治験コーディネーターなどの新しい分野への看護師の進出も増えています。

そのため、准看護師の就職は今後もしやすい状況はしばらく続くと考えられます。ただし、楽観視はしすぎず、キャリアをしっかり積んでいきましょう。